フライフィッシング入門
フライフィッシングのイメージを聞くと「難しそう」とか「敷居が高そう」という感想をもらうことがあります。
確かに、一般的な仕掛けに餌をつけて釣る、という釣りとは違うかもしれませんし、専門用語が多くとっつきにくいかもしれません。

でも「奥深い釣り」ではあるものの「難しい釣り」ではないと思います。
まずは最低限の装備をもって、1匹釣ってみましょう。きっとこの釣りに引き込まれること間違いなしです。

フライフィッシングとは

フライ・フィッシング(英: Fly fishing)とは、欧米式の毛針であるフライを使う釣りである。起源はイギリスの貴族で、現在も格調高い紳士のスポーツとして楽しまれている。

とWikipediaにあり、「ロッド」「リール」「ライン」「毛ばり(フライ)」を使った釣りのこといいます。フライフィッシングの特徴的な点は2つあります。

1つは毛ばりという、虫をイミテーションした疑似餌を使っている点。
鳥の羽や獣毛など様々素材を使って、魚の食べる水生昆虫を模した毛ばりを作ります。

もう1つは、ポイントにラインを届ける独特な釣法です。
海釣りやルアーは重りを使い仕掛けを遠くまで飛ばしますが、フライフィッシングはライン自体の重さを使って毛ばりを遠くまで送り届けます。
その方法がフライフィッシングと聞いてイメージされる、あの独特なロッドの振りになります。

フライフィッシングの4要素

フライフィッシングという釣りを大きく分類すると以下の4つに分けることができます。
「フィッシング」「キャスティング」「タイイング」「自然観察」、それぞれ奥深く、また楽しいものです。

フィッシング

フライフィッシングの要素_フィッシングフィッシングはそのまま「釣る技術」のことを言います。
対象魚をどうやって釣るのか、どのポイントに対して、どんな釣り方を選択するのか、魚を釣るための戦略、技術のことと言えます。

キャスティング

フライフィッシングの要素_キャスティングキャスティングは「ラインと毛ばりをポイントに届ける技術」と言えます。
フライフィッシングと聞いて皆が思い浮かべるあの独特な動きです。

様々なキャスティング方法があり、それだけで1つのスポーツのような面白みがあります。
遠投の大会もあったりします。

タイイング

フライフィッシングの要素_タイイングタイイングは「毛ばり作り」のことです。
水生昆虫や、小魚、セミ、トンボ、蜘蛛など対象魚が捕食しそうなものを、羽や糸で作り上げていきます。

こちらもとても奥が深く、楽しい世界です。
本物に似せてみたり、釣れる・巻きやすいといった効率を求めたり。
1つの美術品のように美しさを極めていく、などなど工作が好きな人には堪らない世界でしょう。

なにより自分で巻いた毛ばりで釣れた時の感動はとても大きなものです。

自然観察

フライフィッシングの要素_自然観察フライフィッシングをやっていく中で、切っても切れないのが「自然観察」です。
魚に毛ばりを餌と思わせるには、その餌がどういったものかを知る必要があります。

必然、いつも食べているものや、四季や昼夜での昆虫の生態に詳しくなっていきます。
魚を中心に、それを取り巻く食物連鎖や自然を感じるようになり、川や日常の見える世界が変わっていきます。


さて、フライフィッシングの大きな世界観がわかったところで、次回からは「初めての一匹を釣る」ための内容を書いていきます。